遺言書について


遺言書があれば

遺言書がある場合、相続人全員で話し合いをすることなく、相続や遺贈の手続をすることができるなどのメリットがあります。

遺言書が無ければ・・・

遺言書がない場合、特にお子さんのいないご夫婦の一方が亡くなった時、きょうだいや甥姪などと遺産の分配の話し合いをしなければなりません。


遺言書の種類

法律では、7種類の遺言について規定していますが、一般的なものとして、「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」の2つがあります。