相続手続について


 

お亡くなりになった方(この後、「被相続人」と言います)が遺言を書いていなかった場合、被相続人の財産をどのように分けるかを相続人全員で話し合う必要があります。

この話し合いのことを「遺産分割協議」と言います。

遺産分割協議を行い、財産の相続手続を行う際は、おおむね下記のような流れになります。

 

①相続人の確定

被相続人の出生~死亡の戸籍謄本などを市町村から取得して、相続人を調査確定します。

②相続財産の調査

不動産、預貯金、株式など被相続人の財産を法務局、金融機関、証券会社等で調査します。

③遺産分割協議

相続人全員で相続財産の分け方を話し合います。面識のない相続人も参加が必要です。

④財産の名義変更

遺産分割協議書、印鑑証明書など、所定の書類が揃い次第、金融機関等で相続手続します。



遺言書について


遺言書があれば

相続人全員で話し合いをすることなく相続や遺贈の手続をすることができるなどのメリットがあります。

遺言書が無ければ

例えば、子供のいない夫婦の一方が亡くなった時、きょうだいや甥姪と遺産の分配の話し合いをしなければなりません。

遺言書の種類

法律では、7種類の遺言を規定していますが、一般的なものとして「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」の2つがあります。