②相続財産の調査


【預貯金等】

通帳があれば記帳して確認できます。

取引金融機関は判るが、通帳が無い場合は金融機関から残高証明書を発行してもらうことで確認できます。  

 

【有価証券(株式など)】

証券会社等から郵送される取引明細書などで確認します。

証券会社等に連絡し、残高証明書を取得することもできます。

 

【不動産】

権利証、登記事項証明書や毎年市役所から届く固定資産税の納税通知書で確認します。市町村の固定資産税課に名寄帳を請求して確認することもできます。

 

【自動車、貴金属などの動産】

 

【貸付金、損害賠償請求権】

 

【負債】

住宅ローンや自動車ローンなども(マイナスの)財産です。金融機関から残高証明書を発行を依頼して確認できます。

なお、住宅ローンについては、被相続人が団体信用生命保険(団信)加入していた場合、死亡保険金で住宅ローンを弁済できるので、借入先の金融機関等に問い合わせをしてみましょう。

その他、金融機関等からの借り入れ、クレジットカードの支払い、未払の税金・代金についても調べる必要があります。

 

相続財産の調査の結果、マイナスの財産の方が多く、返済が困難である場合は、法律で定める期間内に家庭裁判所に対して「相続放棄」の申し出をする方法があります。