遺言書作成を支援します


当事務所では、遺言書について次のような方のお手伝いをすることができます。

 

自分で書いた遺言書が法的に問題が無いか、チェックしてもらいたい

 

自分で遺言書を書こうと思うが、アドバイスをしてもらいたい

 

公正証書遺言の作成について、原案の作成や公証人との打ち合わせを任せたい

 

【遺言書完成までの手順】


まずは電話、メールでご連絡下さい。

 ご相談の概略をお聞きし、面談の日時を打ち合わせます。

ご面談の際に、お客様の現状やご希望を詳しくお聞きします。

おおよその財産や推定相続人などがわかる資料がお手元にあれば、大変参考になります。

手続費用の見積金額をお伝えします。

見積金額をご確認いただき、正式にご依頼を頂くこととなりましたら委任契約を結びます。

なお、公正証書遺言のご希望の場合は、当事務所にお支払頂く費用の他に、公証人の手数料がかかります。

(公証人の手数料は、財産金額や財産を残す方の人数により決まります。)


見積金額の一部をお支払い頂きます。

ご入金が確認できましたら、遺言書の原案の作成、公証人との打ち合わせ(公正証書遺言の場合)を開始します。

並行して、ご用意いただく書類をご案内いたします。

当事務所で作成した遺言書の原案の内容をご確認頂きます。

ご納得のものができるまで、数回打ち合わせすることになっても追加料金を頂くことはありませんので、ご安心下さい。

自筆証書遺言の場合は、最終的にご自身で遺言書を自筆、署名、捺印のうえ、保管していただきます。

公正証書遺言の場合は、公証役場に同行します。

ご本人様がご入院中などで、公証役場に出向くことができない場合は、公証人が出張して手続をすることが可能です。(公証人の出張費が発生します)


 

自筆証書遺言、公正証書遺言の完成後、費用の残りをお支払い頂きます。

なお、当事務所が作成支援し完成した遺言について後日、ご不明な点が生じた場合は、無料でご相談を承ります。