交通事故も弁護士という法の番人に頼る|リーガルde解決

弁護士

交通事故の際に利用

案内

いくら注意していても、交通事故に遭ってしまうことがあります。被害者になってしまった場合だけでなく、加害者になってしまった場合でも、自分の手には負えない問題だと感じたら、弁護士に相談してみるのが一番です。 交通事故の加害者になった場合、被害者に対する補償を保険で全部まかなえるケースが大半です。しかし、最近はどの保険会社も経営が苦しいので、なるべく保険金の支払いを少なく済ませようとする傾向が見られます。そのため、なんだかんだと理由をつけて、被害者に支払った補償金を加害者に求償してくることがよくあります。保険の知識を何も持っていない素人が自分1人で保険会社に対抗してみようとしても、最初から勝敗が明らかになっています。そんな時に頼りにすることができるのが弁護士です。弁護士は交渉のプロですし、豊富な法律知識を有しています。ですので、交通事故の加害者が苦しい立場に追い詰められている場合は、まず弁護士に相談してみることをおすすめします。

多くの弁護士が、30分につき5000円前後の相談料を取っています。ただし、わずか30分程度で相談が全部済むことはまずありません。実際には、最低でも1〜2万円前後の相談料がかかっています。でも、交通事故案件の相談の場合は、初回相談料を無料にしている法律事務所がたくさんあります。本当の意味で信頼できる弁護士かどうかを見極めるためには、実際に弁護士に会ってみる必要がありますが、会うだけで1〜2万円の料金がかかってしまうというのはキツいです。しかし、初回相談料が無料になっていれば、費用を気にすることなく弁護士探しをすることができます。また、加入している自動車保険に弁護士特約が付いている場合には、それを利用できる可能性があります。保険で弁護士費用をまかなってもらえれば助かりますので、保険会社に電話をかけて契約内容を確認してみるようにしましょう。

司法書士について考える

弁護士

今では司法書士は、多くの人が身近な存在として認識しています。何かあった時には気軽に司法書士に依頼するようになっています。司法書士は全国にたくさんおり埼玉県にもいるので、そこに住んでいる人も何かあった時には気軽に依頼することができます。

詳細を確認する

法定相続人の範囲

考える女性

家族や親族が負債を残したまま亡くなった場合は、その金額の規模にも依りますが、法定相続人は相続放棄を選択できます。相続放棄の手続きは3ヶ月以内に行なう必要がありますが、いつから起算して3ヶ月かは各相続人の事情によって異なります。

詳細を確認する

交通事故の示談交渉

揉めるミニチュアの人形たち

車を持っていない人でも交通事故の被害者になるケースは少なくありません。事故の被害者となった場合、相手方の保険会社を通して金銭補償がされることが一般的ですが、後遺障害の認定などでで保険会社の提示に納得がいかない場合は、弁護士に相談するのがよいといえます。

詳細を確認する